<九州支部>

第38回日本実験動物技術者協会九州支部総会


協力;久留米大学 

下記の通り、九州支部総会、講演会ならびにシンポジウムを開催いたします。

<< 詳細はこちら >>


 
期 日:
平成27年4月18日(土)
場 所:
久留米大学筑水会館(中会議室)
〒830-0011 福岡県久留米市旭町67
会 費:
会員 無料・非会員 1,000円
 
 【プログラム 】
9:00〜9:50 
受付
9:50〜10:00 
開会の辞  渡邉 一貴((株)KBTオリエンタル)
支部長挨拶  野口 和浩(熊本大学大学院生命科学研究部)
祝辞  桑野 剛一(久留米大学医学部動物実験センター所長)
10:00〜12:00 

シンポジウム
肥満研究の最前線:モデル動物を用いたヒトの肥満病態解析」
 座長 御船 弘治(久留米大学)

演題1:「肥満症の診断と治療」
 演者:岩田 慎平(久留米大学医学部内分泌代謝内科学講座)
演題2:「褐色脂肪細胞の機能調節を介した肥満制御の可能性」
 演者:佐藤 貴弘(久留米大学分子生命科学研究所)
演題3:「高脂肪食負荷肥満モデル動物の食リズム異常と自発運動の効果」
 演者:御船 弘治(久留米大学医学部動物実験センター)
総合討論

12:00〜13:00 
昼食
13:00〜13:50 
第38回九州支部総会
13:50〜14:00 
休憩
14:00〜15:00 
特別講演
司会 野口 和浩(熊本大学)
演題:「最近の実験動物施設の殺菌剤について」
 演者: 渡辺 真(イカリ消毒株式会社)
15:00〜16:00 
飼育管理部会(第368回本部共催講演会)
座長 中村 直子(熊本大学)
演題1:「CRISPR/Cas9システムを用いたゲノム編集動物の作出」
 演者:鈴木 登志郎(日本エスエルシー株式会社・受託試験部)
演題2:「九州大学におけるゲノム編集により作製された生物の取り扱いについて」
 演者:小野 悦郎(九州大学医学研究院・実験動物学分野)
16:00〜 
閉会の辞 牧 宏信(大分大学)