<九州支部>
第39回日本実験動物技術者協会九州支部総会


主催:日本実験動物技術者協会九州支部 
協力:熊本大学 

 【緊急】熊本地方の地震のため4月23日に予定していました九州支部総会は中止とさせて頂きます。

<<PDFファイル>>


期 日:
平成28年4月23日(土)
場 所:
熊本大学 医学部 医学教育図書棟 3階第1講義室
〒860-8556 熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
会 費:
会員:無料、非会員:1,000円
 
プログラム
9:00〜9:10 
開会の辞 渡邉一貴((株)KBTオリエンタル)
支部長挨拶 野口和浩(熊本大学大学院生命科学研究部)
祝辞 鳥越大輔(熊本大学生命資源研究・支援センター)
9:10〜10:20 
飼育管理部会(I)
「大学・企業における実験動物関連職員の雇用形態および教育・研修の現状とその問題点について考える」
座長 北嶋修司(佐賀大学)
1. 鹿児島大学動物実験施設における職員雇用形態の現状と問題点
  瀬戸山健太郎(鹿児島大学自然科学教育研究支援センター)
2. 生産施設における新入社員及び職員の教育研修の現状
  小野洋充 (九動(株) 生産・技術開発本部IBL生育所)
3. 株式会社ケー・エー・シーの技術継承システムについて
  清水 大((株)ケー・エー・シー 技術研修所)
10:20〜10:25 
休憩
10:25〜11:25 
特別講演
司会 野口和浩(熊本大学)
「ゲノム編集の基本原理と限りない可能性」
  山本 卓 (広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻)
11:25〜11:30 
休憩
11:30〜12:00 
実験動物技術トピックス
司会 中村直子(熊本大学)
「小動物RI分子イメージングについて」
  古嶋昭博(熊本大学生命資源研究・支援センター RI実験分野)
12:00〜13:00 
ランチョンセミナー
「実験動物施設におけるオゾンを用いた殺菌消毒について」
〜オゾン機器やオゾンを用いた動物施設クリーンアップ実施例の紹介〜
  川辺敏晃、岩瀬 聖、柳 美穂(アーク・リソース株式会社)
13:00〜13:05 
休憩
13:05〜13:45 
第39回九州支部総会
13:45〜13:50 
休憩
13:50〜15:10 
教育講演(第379回本部共催)
司会 鳥越大輔(熊本大学)
1.実験動物のマウス、ラットにおける微生物感染の現状
  林元展人(公益財団法人実験動物中央研究所 ICLASモニタリングセンター)
2.マウス・ラット等の消化管内寄生虫について
  長谷川英男(大分大学・医学部・感染予防医学)
15:10〜15:20 
休憩
15:20〜16:00 
飼育管理部会(II)
「実験動物のよりよい飼育環境での維持を目指して」
司会 山本直士(長崎大学)
1. 熊本大学における免疫不全動物の飼育管理方法の紹介
  中村直子(熊本大学生命資源研究・支援センター)
2. 宮崎大学における蟯虫駆除の実施例の紹介(仮題)
  七条宏樹(宮崎大学フロンティア科学実験センター)
16:00〜  
閉会の辞 牧 宏信(大分大学)