<関東支部>
(一社) 日本実験動物技術者協会 関東支部
平成31年度総会・第45回懇話会開催のご案内


 

  (一社)日本実験動物技術者協会関東支部では、下記の通り平成31年度総会および第45回懇話会を開催致します。

 本懇話会は、「技術者のRefinement 〜獣医学的ケアの実践を通して〜」をテーマにいたしました。実験動物における動物福祉の重要な取り組みとして、Reduction, ReplacementならびにRefinementがあります。特にRefinementは定義が抽象的なため、取り組みは簡単ではありません。獣医学的ケアを実践していく中で、技術者の意識向上と改善、つまり技術者自身がRefinementするヒントを掴んでいただければと思い企画しました。ご興味のある方がおられましたら是非お声がけいただき、お誘いあわせのうえご参加ください。また、懇話会終了後、情報交換会を開催いたします。こちらも是非ご参加ください。

 本懇話会を通じて、皆様との情報共有および意見交換を深める場となるよう、実行委員一同努力して参りますので、宜しくお願い致します。

<<PDFファイル>>


講演内容:
第一部 麻酔・鎮痛の実際 【中動物部会共催】

教育講演
臨床における犬猫の周術期管理
飯塚 智也 東京大学附属動物医療センター麻酔・集中治療部

シンポジウム
1. ブタの周術期管理
和久井 享 自治医科大学 先端医療技術開発センター 動物資源開発部門

2. サルの周術期管理
兼子 明久 京都大学霊長類研究所 人類進化モデル研究センター 技術部

3. マウス・ラットの周術期管理
塚本 篤士 麻布大学 獣医学部 実験動物学研究室

第二部 動物看護学と獣医学的ケア 【実験動物福祉部会共催】

教育講演
動物看護学と実験動物学の狭間で考えること 
桜井 富士朗 日本動物看護学会 理事長

シンポジウム
1. 実験動物福祉の実践 -管理ではなく、ケアのこころで-
末田 輝子 東北大学大学院医学系研究科 附属動物実験施設 臨床分室

2. アニマルケアテーカーと獣医師の連携による獣医学的ケアの実践:
中外製薬における取り組みの紹介
礒部 剛仁 中外製薬株式会社 研究本部

3. 新日本科学における動物看護学と獣医学的ケアの現状
相良 朱美 新日本科学株式会社 獣医学管理室

大会長:
大羽 沙弥佳

会 期:
2020年2月29日(土) 10時00分〜17時00分 (受付開始 9時30分)

場 所:
川崎市産業振興会館 (JR川崎駅北口より徒歩7分、京急川崎駅より徒歩8分)

参加費:
会 員:事前4,000円 当日5,000円、非会員:事前6,000円 当日7,000円
学 生:2,000円。 情報交換会:4,000円。

事前登録:
2019年9月2日〜2019年12月27日迄 
関東支部HPより http://www.jaeat-kanto.jp/